図面の品質を落としている日本企業が多い。このままでは競争力を失う──。そう指摘するのは、A&Mコンサルト 経営コンサルタントの中山聡史氏だ。同氏はトヨタ自動車でエンジンのシステム設計を手掛けた経験を持ち、「技術者塾」において講座「徹底演習で学ぶ トヨタ仕込みの検図手法確立シリーズ」の講師を務める。何が日本企業の図面の品質を低下させているのか、同氏に聞いた。(聞き手は近岡 裕)

[画像のクリックで拡大表示]
A&Mコンサルト 経営コンサルタント(元トヨタ自動車設計者)の中山聡史氏

日本企業の品質問題が社会問題化したこともあって、ものづくりのあらゆるプロセスで品質の見直しを進める日本企業が増えています。以前から「図面の品質が落ちている」と中山先生は指摘していますが、現状をどうみていますか。

中山氏:残念ながら、依然として図面の品質が落ちている企業が多いと言わざるを得ません。これは設計者が図面を作成する力はもちろん、検図者の力も低下しているためです。

 検図の方が、事態はより深刻です。実は、検図者の実力をうんぬんする以前に、ほとんどの企業で検図が図面に捺印するだけの作業になってしまっているからです。これではとても検図とは言えません。図面作成のプロセスの中に、検図という重要なプロセスが消失してしまっているのです。

 言うまでもなく、検図は図面の品質を守る最後の砦(とりで)です。そのことを理解していない、もしくは忘れてしまっているのではないかと心配になります。

日本企業の多くは、検図をどのように捉えているのでしょうか。

中山氏:ほとんどの企業は、図面の描き方の間違いを修正することを検図だと捉えています。しかし、それは全く違います。図面には製品の品質の要素が全て詰まっています。それはそうでしょう。図面通りに造ることで製品が出来るのですから。すなわち、製品の品質を担保する仕組みが検図なのです。

 ところが、多くの日本企業が検図を軽視しています。その証拠に、私がこれまで指導してきた会社の中で、DR(デザインレビュー:設計審査)の項目はあっても、検図という項目が記された業務フローを見たことは一度もありません。聞くと、設計の中のルーチンワークの1つに検図が組み込まれています。つまり、先述の通り、図面作成の間違いの修正を検図としているというわけです。

 トヨタ自動車では、検図はDR以上に大きなイベントでした。なぜなら、検図は製品の品質を保証する最後の砦であると、全社的に認識しているからです。トヨタ自動車でエンジンを設計していた時、私はDRよりも検図の方がプレッシャーを感じました。もちろん、DRも楽ではありませんが、検図は一切の妥協が許されません。図面には全ての情報を記しているので、検図で間違いを指摘されると直さざるを得ません。ごまかしは一切通用しない厳しいイベントでした。