みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今回も明るく楽しくヨタ話から参りましょう。

 馬主である兄貴分にご招待頂いて、久しぶりに東京競馬場へ行ってきました。競馬の知識が無く、また博才というものが欠片も無い私としては、競馬新聞に頼るしかありません。1部500円もする高額な競馬新聞の予想覧を信じて、そのまま馬券を買ってみたのですが、当然、と言いますか、結果は見事なまでの丸坊主。大損をしました。泣きたいです。当分は昼飯ヌキです。

パドックからコースへ向かう地下通路。お馬さんとしては、まさか自分が賭け事の対象になっているとは夢にも思わず懸命に走るのでしょう。

 東京モーターショーを駆け足で回って来ました。ここへ行くとイッキにたくさんの人と会えるので嬉しいです。

右から先日のN-BOX取材でお世話になった徳本嬢、国内営業に移動された山本桂太郎氏。何かとお世話になりっぱなしの広報松本さん。山本氏にお目にかかるのは5年ぶりくらいでしょうか。

 ホンダはEV(電気自動車)シフトが鮮明です。メインステージにスポーツカーを含むEVを3台も並べておられました。

フォルクスワーゲンの製品広報の池畑さんと。右の強面さんは、日本の絶版バイク市場を作り上げた株式会社ウエマツの代表取締役社長 植松忠雄氏。

 フォルクスワーゲン(VW)の目玉は、タイプ2を彷彿させるキュートなEVである「I.D. BUZZ」。大変な人だかりでした。このままのデザインで出して欲しいです。

マツダのブースで一番見たかったのは、こちらのSKYACTIV-Xエンジン。パワートレイン開発本部長の中井英二さん(中央)と広報のカット町田氏(どうもご無沙汰でした)。

 マツダも渾身のコンセプトカーを出しておられましたが、ともかく私の興味は(一番隅っこにポツンと置いてあった)遂に実現した圧縮着火ガソリンエンジンにあります。これは早々に取材をしなければなりますまい。試乗車はいま国内にないとの話ですが、試乗はいつ出来るのでしょう?

こちらはセンチュリーの開発主査、田部正人さん(中央)とおなじみトヨタ広報の有田くん

 トヨタの目玉は21年ぶりに生まれ変わったセンチュリー。遂にセンチュリーもハイブリッドの時代になりました。V12が潰えてしまったのは残念ですが、皇室御用達の信頼性に揺るぎはありません。塗装の話をひとつ取ってもビリビリと痺れます。こちらも絶対に取材します。有田くん仕切りよろしくね!

レクサスの矢口さん(中央)と、私よりも締め切り破りが悪質と言われる日本一多忙な自動車評論家の渡辺敏史氏(右)。短い時間ですが楽しゅうございました。
こちらはLOVECARS!TV!(http://lovecars.jp/)として、何と個人でブースを出している河口まなぶ氏。バリバリ配信していくそうです。お楽しみに!彼のバイタリティには脱帽です。東京マラソンでもさされたしなぁ。来年は負けないよ!
何しろ連載まっ最中ですので、もちろんSUBARUのブースにもお伺いしたのですが、誰も知っている人がいませんでした。お邪魔いたしました。

 他にも三菱自動車の鳥居さんとお話させていただき、同社ブースの前で記念撮影をしたのですが、その前後十数枚の写真がスッポリ抜け落ちるように消えてしまいました。スマホの温度が異常上昇して、調子悪いなーと思っていたのですが……Xperiaアカンです。もう我慢の限界。iPhone Xに買い替えます。

 さてさて、久しぶりに長いヨタとなりましたが、ボチボチ本編へと参りましょう。SUBARU渾身のニュープラットフォームを採用したインプレッサの開発者で商品企画本部のプロジェクト ジェネラル マネージャー、井上正彦氏のインタビューです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら