1. はじめに

 第65回応用物理学会春季学術講演会が早稲田大学西早稲田キャンパスで3月17日~20日に開催された。その中から筆者が興味を持った講演を報告する。第2回は、山形大学の城戸・笹部研究室と華南理工大学のグループによる「スピロビアクリジン含有水平配向性TADF材料を用いた超高効率有機EL素子」と題した発表について報告する(発表番号:18p-D102-3)。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら