英国ロンドンで開催されたスモールセルをテーマとするイベント「SCWS World 2018」(2018年5月21日~23日)に参加した。移動体通信の基地局を全般的に網羅する展示会や国際会議は少ない。このイベントにはスウェーデンのエリクソン(Ericsson)、フィンランドのノキア(Nokia)、中国Huawei Technologiesといった基地局大手、そしてスモールセルをOEM生産する中国や台湾の企業が出展・講演する。基地局の最新情報を一通り学べる貴重な場である。

 第5世代移動通信システム(5G)のサービス開始が近づいている今、5Gに向けた様々な動向を見聞できると期待して参加した。

SCWS World 2018の開催場所は、ロンドン市内にある「Hotel Novotel London West」のホール。出展社は60社弱だが、3日間の開催期間は活気にあふれていた
[画像のクリックで拡大表示]
スウェーデンSivers IMAのミリ波用アンテナ。指向性を持たせた電波を放射するビームフォーミングに対応する。アンテナの基材はセラミックでも液晶ポリマーでもない新素材だが、詳細は企業秘密とのこと
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら