日経 xTECH特集「リーフ解体新書」はこちら

 日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」分解プロジェクトに一区切りがついた2018年2月1~6日、沖縄県豊見城市で関係者による分解展示会が開催された(関連記事「自動車関係者が続々集合、リーフ分解展示会で最新EVを知る」)。

 その目玉イベントの1つがエアバッグ点火だった。ガス発生装置を点火すると「バーン!」という大きな音とともに白い布が運転席を満たし、すぐガスが抜けてクシャクシャになった。今回は、リーフが搭載する約40個のECU(Electronic Control Unit)の中から、交通事故から乗員を保護するエアバッグ制御用ECUを紹介する。

分解展示会で助手席エアバッグを展開したところ
側面に円形の穴がある。エアバッグが膨らみ切った後、ここからガスが抜けて急速にしぼむ
[画像のクリックで拡大表示]
エアバッグ制御用ECUの外観
ラベルからドイツBosch製であることが分かる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら