パナソニック スマートファクトリーソリューションズは、多品種少量生産対応の発展形として「変種変量生産」に対応できるとする表面実装部品の実装機(モジュラーマウンター)2シリーズを、「第20回 実装プロセステクノロジー展(JISSO PROTEC 2018)」で展示した。変種変量生産とは、少量から大量まで、オーダーが入ればすぐに対応できる生産のこと。装置自体は低価格で初期投資を抑えつつ、1台でいろいろな実装に対応できる機器が求められているという。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら