ホンダが2017年末に北米で発売した「クラリティ プラグイン ハイブリッド」(クラリティPHEV)。2モーター式ハイブリッド車(HEV)機構「i-MMD」と組み合わせるガソリンエンジンの排気量を、従来の2.0Lから1.5Lに“ダウンサイジング(小排気量化)”したことが特徴だ。電力昇圧器の体積出力密度で「世界一」(ホンダ)とする技術を投入し、モーター走行範囲を広げて実現した。

 ホンダは、2018年4月に米国で開催された米自動車技術会(SAE)主催の学術講演会「WCX18:SAE World Congress Experience」や同年5月の「自動車技術会春季大会」で、クラリティPHEVに採用した技術を発表した。

 クラリティは、全長が約4.9mの比較的大きな車両である。エンジンを1.5Lに小排気量化できたのは、電池電圧を昇圧するDC-DCコンバーターとリチウムイオン電池の出力を高められたことが大きい。モーター走行範囲を増やし、エンジンを直結する範囲を減らせた。エンジンに必要な出力を抑えられて、小排気量化できた。

 モーター走行範囲の拡大は、ハイブリッド走行中のエンジン回転速度を下げられる利点もある。燃費性能と静粛性の向上につながる。例えば車速が60km/hのとき、従来はエンジン回転速度が5000rpmまで高まるが、クラリティPHEVでは3000rpm以下にとどめられた。

インダクター出力密度で「世界一」達成

 ホンダはクラリティPHEVの開発で、燃費性能ではなく「電動で走る魅力を訴える」(本田技術研究所第1技術開発室第1ブロック主任研究員の若城輝男氏)ことを重んじて、出力性能の向上に力点を置いた。燃料代が安い現在の北米で、燃費性能を訴求しても消費者に響かないと考えたようだ。

 車両全体の最高出力は、2.0Lエンジンi-MMDを搭載した「アコード」のPHEVに比べて、1割近く高い約158kWに達する。EV走行中の最高速度は100マイル/時(約160km/h)と速い。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら