ホンダが2019年に全面改良する主力小型車の次期「フィット」で、ハイブリッド車(HEV)機構を刷新する。現行の1モーター式を、燃費性能が高い2モーター式に切り替えることが日経 xTECH/日経Automotiveの調べで分かった。小型車分野で2モーター式を投入するトヨタ自動車を猛追する。

現行フィットの外観(写真:ホンダ)

 ホンダは現在、3種類のHEV技術を実用化している。フィットや「ヴェゼル」など小型車に1モーター式「i-DCD」、「アコード」など中型車に2モーター式「i-MMD」、「レジェンド」など大型・高性能車に3モーター式「SH-AWD」――である。このうちi-MMDを改良し、次期フィットに採用する。1モーター式i-DCDの今後の使い方は「検討中」(ホンダ関係者)とする。

1.5Lにダウンサイジング

 ホンダが2モーター式をフィットに採用できるのは、課題だった高いコストを1モーター式の水準に削減するメドが立ったことを意味する。2017年末、2モーター式のコスト削減を実現する布石を打っていた。北米で発売した「クラリティ」のプラグインハイブリッド車(PHEV)である。

 現行フィットのHEVに載せる排気量1.5Lガソリンエンジン「LEB」を流用し、従来2.0Lだったi-MMDエンジンを小排気量にした。コストを抑えた上で、摩擦損失を減らして燃費性能を高められる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら