工場のIoT(Internet of Things)活用が進むにつれ、通信ネットワークを無線化したいというニーズも高まっている。だが、工場では電波状況が頻繁に変わるので、予期せぬ切断や干渉といったトラブルが起きやすい。そこで注目されているのが、計測やシミュレーションによって電波状況を可視化する技術である。2018年5月下旬に開催された「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2018」では、NECやサンリツオートメイション、パナソニックなどが工場への適用を想定したデモンストレーションを披露していた。

私物スマホの電波が干渉

 NECは、基地局ごとの電波受信強度(RSSI:Received Signal Strength Indicator)の時系列データから電波状況を可視化する技術を紹介していた。同社はこの技術を用いて、トラブルの原因を究明したり改善策を提案したりする工場向けコンサルティングサービスの事業化を目指している。もともとオフィス向けに同様のサービスを展開していた。

NECの可視化技術
時系列データから電波状況を可視化する
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら