富士通は2018年5月10日、アジャイル人材の育成や、アジャイル開発のプロジェクトの立ち上げを支援する「富士通アジャイルラボ(仮称)」の設立を発表した。2018年10月以降にオープン予定だ。

 富士通の狙いは、SoE(Systems of Engagement)領域のSI案件の開拓にある。デジタルトランスフォーメーションへのニーズの高まりで、顧客接点を担うSoE領域のシステム開発に注目が集まっている。こうした開発案件をこなすには、短期間で小さな機能を実装して試行錯誤を繰り返していくアジャイル開発のスキルが不可欠だ。

 同ラボでは、富士通のエンジニアとユーザー企業のエンジニアがプロジェクトを立ち上げ、ペアになって開発を進める。その過程でユーザー企業のエンジニアにアジャイル開発に必要なチームの運営方法やリーンスタートアップ、エクストリームプログラミング(XP)といったノウハウ、マインドを伝える。

富士通アジャイルラボの開発スタイル
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした指導終了後も、引き続き富士通のエンジニアがユーザーのシステム開発・運用に携わる。その延長線上で、「基幹システムであるSoR(Systems of Record)領域と、今回のSoE領域の対応強化を併せて、SoE/SoRの全体最適化を実現するサービスに発展させる」(富士通の中村記章デジタルフロントビジネスグループ エグゼクティブアーキテクト)という考えだ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら