アマダは、自社製の高出力発振器を搭載したファイバーレーザー加工機「ENSIS-3015AJ (9kW・6kW)を開発した。レーザービームの制御技術によって薄板から最大25mm厚の鋼板まで幅広く加工できるとする。価格は出力9kWのタイプが1億5000万円、同6kWタイプが1億2500万円。発売は、2018年6月1日の予定だ。

[画像のクリックで拡大表示]
図1 ファイバーレーザー加工機「ENSIS-3015AJ」
写真は出力9kWの発振器を搭載したタイプ。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 加工サンプル
板厚25mmの圧延鋼材(SS400)を加工したもの。

 新製品は、発振器の出力を従来の3kWから6kW・9kWに高めた上で、同社独自のレーザービーム制御技術「ENSISテクノロジー」を進化させた。具体的には「オートコリメーション機構」の追加によって、ビームのスポット径を変えられるようになった。従来のENSISはビームのモード(出力分布)を変えることで幅広い板厚に対応できるとしていた。

 新製品では、これに加えてレーザーのスポット径も変えられるようになった。加工に有効な集光領域が拡大し、「従来のENSISは、どちらかというと薄板の高速加工に向いていた。新しいENSISは、中厚板の高生産性加工にも対応。薄板から厚板まで全加工領域で高速安定加工を実現できる」(同社)。例えば板厚16mmの軟鋼を加工した場合、出力4kWの同社製ファイバーレーザー加工機と比べると、新製品(出力9kW)では加工速度は約2.4倍になるという。

[画像のクリックで拡大表示]
図3 レーザービームのスポット径を制御するオートコリメーション機構

 加えて、アシストガスとして窒素を吹きつけながら加工(クリーンカット)する際に、ガス消費量を大幅に削減できる「クリーンファストカット(CFC)」機能を開発した。ステンレス鋼を加工する際などに、切断面に酸化皮膜が生じるのを防ぐためにクリーンカットが用いられるが、窒素ガスがランニングコストの大きな課題だった。CFCはガスを吹き付けるノズルの改良によってガス流れを制御。これにより消費量の大幅な抑制を実現できるとしている。加えて、フィルターを介することで大気中の酸素を低減させてアシストガスとする「イージーファストカット(EZFC)」も搭載した。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら