米Advanced Micro Devices(AMD)社は2018年5月14日(米国時間)に、ビジネス向けMPU「Ryzen Proプロセッサー」のラインナップに、GPU統合タイプ(同社のいうAPU)の製品を追加した(ニュースリリース)。GPU統合タイプのRyzen Proは全部で7製品あり、うち3製品がモバイル(ノートPCなど)向け、4製品がデスクトップPC向けである。

7製品を発表。AMDのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 AMDは2017年に、RyzenあるいはEPYCといったZenコアベースの製品により、前年比で10億米ドルほど売り上げを増やした。2018年は、モバイル向けとデスクトップ向けのRyzen MPUで20億米ドルほどの売り上げを見込んでいる。このうち半分を民生向け製品で、残りの半分をビジネス向け製品で獲得するという。

Ryzenで売り上げアップを狙う。AMDのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら