人工知能(AI)やビッグデータ分析といった最新のITを金融業界に適用するFinTech。その次にITの適用で盛り上がるのは不動産業界──。そんな「不動産テック」の展望と具体的な適用例を有識者を招いて紹介するプレスセミナーを、レオパレス21が2018年4月17日に開いた。

 不動産テックについて解説したのは、東京大学大学院の山崎俊彦准教授だ。情報理工学系研究科電子情報学専攻で、AIを使った物体認識や機械学習といった技術を不動産関連サービスに適用する研究を手掛けている。

不動産テックの動向などを解説した東京大学大学院の山崎俊彦准教授
[画像のクリックで拡大表示]

 山崎准教授はまず、不動産テックの動向について解説した。様々な調査結果を示しながら、「不動産テックのグローバルな市場規模は、FinTechの3分の1程度。しかし、FinTechはITを適用できる領域が限られ、伸び悩んできている。一方、不動産業界ではITの適用が進んでいるものの、適用できる業務やサービスの余地がまだまだある。不動産テックは広がりやすい状況にある」と解説した。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら