日立製作所は、高温環境下で安全に利用できるようにしたLi(リチウム)イオン2次電池を東北大学 教授の本間 格氏らと共同開発した。電解質を構成している電解液の引火温度を既存品の最大20℃から120℃以上に高めている。万が一、液漏れが生じても発火しにくい。安全部材や冷却部材を簡素化して電池パックとしての容量密度を向上できる。容量が100Whの電池を試作し、くぎ刺し試験で発火しないことを確認した。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら