ホンダが、トヨタ自動車に迫る高効率エンジンを開発した。ハイブリッド車(HEV)用に改良した排気量2.0Lガソリンエンジンで、最高熱効率が40.6%に達したことが分かった。世界最高値はトヨタの41%とされ、ほぼ同じ水準となる。

 2018年3月に北米で発売したばかりの「アコードハイブリッド」に搭載した。直列4気筒の自然吸気。従来機の最高熱効率は39.1%で、改良機は1.5ポイント高めた。

アコードハイブリッド(出所:ホンダ)

 HEVエンジンで、ホンダとトヨタが高効率化競争を繰り広げている。2社は、熱効率50%を目指してガソリンエンジンの開発を進める。しばらく、最高熱効率を巡り抜きつ抜かれつの競争が続きそうだ。

 ホンダは2013年、当時最高値とされたトヨタ「クラウン」の38.5%を抜いた(関連記事)。2015年、トヨタは現行「プリウス」の1.8Lエンジンで40%に達して抜き返す(関連記事)。さらに2017年には「カムリ」の2.5Lエンジンで41%を達成し、ホンダを突き放した(関連記事)。ただ、今回のアコードの改良エンジンで、ホンダは再びトヨタに迫った形となる。

 ホンダは熱効率を高める上で、近年のエンジン開発では王道といえる手法で臨んだ。排ガス再循環(EGR)量を増やして、混合気を乱す縦渦(タンブル)を強める。併せて地道な熱対策を積み重ねて、理論熱効率に直結する圧縮比を13.0から13.5に上げた。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら