NTTドコモとKDDI(au)、ソフトバンクの携帯3社は2018年5月9日に新たなメッセージングサービス「+メッセージ」を一斉に始める。4月10日に3社で共同発表した。動画や長文、スタンプなどを送ることができ、「LINE」のように使える。3社はLINEからの乗り換えを狙うが、果たしてもくろみ通りに進むか。

 携帯3社はショートメッセージサービス(SMS)の機能を刷新する形で+メッセージのサービスを始める。ユーザー登録は不要。3社の携帯電話の契約者ならだれでも使える。他社の契約者ともやり取りでき、例えばドコモの利用者がauユーザーにメッセージなどを送れる。

「+メッセージ」の利用例
[画像のクリックで拡大表示]

 相手の電話番号さえわかれば手軽に利用できる。メッセージの送受信にはデータ通信料がかかるが、サービスの利用料は無料だ。NTTドコモの藤間良樹コミュニケーションサービス担当部長は「電話番号だけでやり取りできるSMSの良さを生かし、SMSを進化させた新たなサービスを提供する」と意気込む。新サービスは携帯通信事業者の業界団体であるGSMA(GSM Association)の標準規格である「RCS(リッチコミュニケーションサービス)」に準拠する。

 SMSは送れる文字が最大全角70文字に限られていた。+メッセージは最大で全角2730文字の長文が送れる。文字以外にも動画や写真、専用スタンプをやり取りできる。スタンプは3社共通で無料で使えるものを500種類用意する。複数人でメッセージをやり取りすることも可能だ。KDDIの金山由美子パーソナルサービス企画部長は「広く顧客に使ってもらうサービスを目指す」と話す。

 3社が2018年5月以降に発売するAndroid搭載のスマートフォンについては、+メッセージのアプリがプリインストールされている。2018年4月までに発売された機種の利用者はアプリをダウンロードするか、既存のSMSアプリなどを更新して使う。iPhone向けアプリの提供時期は未定という。

カギは「認証」の機能に

 使い勝手や料金などの面ではLINEとほぼ横並びとなった格好だ。SMSの刷新によって携帯3社がLINEに「追いついた」とも言える。だが乗り換えを促すほどのインパクトは欠く。打倒LINEは程遠いのではとの質問に、携帯3社の関係者は「そもそも打倒LINEを目指しているわけではない」とかわす。

 だが操作画面はLINEと見た目がそっくり。ドコモの藤間担当部長は「アイコンやUI(ユーザーインタフェース)が同じで名前も同じサービスを3社そろって始める」と新サービスの意義を強調するが、都内で20代男性に聞いたところ「同じような機能ならLINEを使い続けると思う」と当然のように話した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら