トヨタ自動車はクルマや建設機械、家庭用の蓄電システムなどで電池パックを使い回せる仕組みをつくる。サイズを規格化して“乾電池”のように取り替えやすくする。電気自動車(EV)で5〜7年、他用途で8〜10年、通算15年ほどの活用を想定する。トヨタ連合のEV事業を率いる豊島浩二氏が2018年3月1日、「スマートエネルギーWeek 2018」(2018年2月28〜3月2日、東京ビッグサイト)内の講演会で構想を披露した。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら