日産自動車が2018年3月1日に発売した中型ミニバン「セレナe-POWER」は、2個のファンを使って電池パックを冷却する性能を高めた。電池パックの温度上昇を抑えて電池の性能を維持する。

 セレナe-POWERは、小型車「ノートe-POWER」と同じシリーズ・ハイブリッド・システムを登載する。モーターとリチウムイオン電池、インバーターで構成する電気自動車(EV)のパワートレーンに、排気量1.2Lで直列3気筒のガソリンエンジンと発電機を追加したものである。エンジンで発電機を回して発電し、その電力でモーターを駆動させて走行する。

セレナe-POWER
[画像のクリックで拡大表示]

 ノートの場合、1個のファンで電池パックを冷やす。ファンは電池パックの後方側面に装着する。これに対してセレナは、EV走行距離(モーターだけで走行できる距離)を伸ばすため、リチウムイオン電池の容量をノートの1.5kWhから1.8kWhに増やした。その結果、セルの数はノートの80から96に増え、電池パックの寸法はノートのものより大きくなった(関連記事:日産、e-POWERをミニバン向けに改良)

 セレナの電池パックはノートのものより温度が上昇しやすくなるため、ファンの数を2個に増やして電池パックの左右側面に取り付けた。充放電時に電池に負荷がかかると、電池の温度が上昇する。温度が上昇すると、電池の性能低下が早くなる。電池の温度が60℃以上になると2個のファンを動かして、電池パックの温度を下げる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら