デンソーは今後の電動化時代に、熱エネルギー管理技術や得意の内製技術で勝負をかける。同社常務役員エレクトリフィケーションシステム事業グループ長の篠原幸弘氏は、「電動化は我々にとってはむしろチャンスだ」と自信を見せた。

デンソー常務役員エレクトリフィケーションシステム事業グループ長の篠原幸弘氏
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は創業当初から電気自動車(EV)「デンソー号」を製造するなど、電動化技術に力を入れてきた。「電動化の流れによって、すぐにエンジン部品がなくなるとは思っていないが、パワートレーンが多様化することは以前から分かっていた。これまで培ってきた電動化技術の強みを活かせる」(同氏)とする。

創業当時に作ったEV「デンソー号」の復元品
[画像のクリックで拡大表示]

 電動化の“三種の神器”とされる電池、モーター、インバーターのうち、同社は電池以外の二つを手がける。さらに電池管理システム(BMS)や充電器、DC-DCコンバーターでも実績を持つ。「電動化によってクルマの部品がシンプルになり、部品メーカーの収益性が低下するとは感じていない。むしろ、より多くの電動化部品がクルマに搭載されるようになる」(同氏)という。

 同社は電動化部品を用途別に開発していない。ハイブリッド車(HEV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、EVに共通で使える技術として開発している。例えば、インバーターなら、電力制御ユニット(PCU)に搭載するパワーカードの数を変えることで、それぞれの用途に対応させる。このため、「EV向けの専用部品を作るという考えはない」(同氏)。

 電動化技術そのものは古くからあるものの、「今後はその中の半導体素子など、個別の技術を進化させていくことが重要になる」(同氏)という。また、「熱と電力を統合的に管理する熱エネルギーマネジメントのようなシステム技術も重要になる」(同氏)。こうした管理システムを手がけるためには、「ソフトウエア開発が非常に重要になる」(同氏)との考えだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら