ヤンマーは全長約10mの小型ボートを2層構造にして、サスペンションで波の衝撃を吸収できるようにした「サスペンションボート」を「ジャパン インターナショナル ボートショー2018」(2018年3月8~11日、パシフィコ横浜)で出展した(図1、2)。オーストラリアNauti-Craft(ノーティクラフト)社の技術を応用し、ヤンマーのエンジンを組み込むなどして試作した。今後用途を探るとともに、実地試験などを通して製品化に向けて検討を進める。

図1 ヤンマーが試作した「サスペンションボート」(左舷側)
図1 ヤンマーが試作した「サスペンションボート」(左舷側)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 ヤンマーが試作した「サスペンションボート」(右舷前方から)
図2 ヤンマーが試作した「サスペンションボート」(右舷前方から)
[画像のクリックで拡大表示]

 サスペンションボートは、スキー板のように細長い船体「デミハル」を左右に配し、その上に客室部分を載せた構造。デミハルと船体の間は、デミハル1本について前方2本、後方2本の油圧シリンダーと可動の支柱で結ぶ。エンジンとスクリューは各デミハル後端に設置している。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら