エリオットグループ(本社千葉県袖ケ浦市)は、受注設計生産のターボ機械の3Dモデルを仕様から自動生成するシステムを開発した(図1)。3Dモデルの作成過程に人手による操作を伴わない。コンプレッサー本体を対象にした技術検証用のシステム構築を終えており、さらに実用に向けて検討を進める。2018年3月7日に東洋経済新報社が開催した講演会で、エリオットグループ生産・調達統括部生産技術部部長の柏井正裕氏が明らかにした。

図1 コンプレッサー本体の自動設計システムの画面
図1 コンプレッサー本体の自動設計システムの画面
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら