光産業技術振興協会(OITDA)は2018年3月12日、2017年度の光産業動向調査の結果を発表した。今回発表したのは、光産業の全出荷額(日本企業の海外生産を含む出荷額)および国内生産額の2016年度実績、2017年度見込み、2018年度予測(定性的評価)である。同協会は同調査を1980年から毎年実施している。調査結果は政府の関連機関が予算の策定などに利用している。

 2017年度の光産業の全出荷額は前年度1.2%増の14兆4327億円を見込む(図1)。「2016年度が底。2017年度は回復期に入った」(光産業技術振興協会 副理事長・専務理事の小谷泰久氏)と言うように、ほぼ全ての分野で出荷額は前年より増加、または横ばいだった(図2)。2018年度もこの状況は続き、全出荷額は微増する見込みである。

図1 光産業全出荷額、名目GDP、電子工業国内生産額+海外生産額の推移
名目GDPは内閣府発表資料より(29経済見通し及び財政運営 2017年12月19日)。電子工業国内生産額+海外生産額の推移は、電子情報技術産業協会(JEITA)の発表資料より(電子情報産業の世界生産見通し 2017年12月19日)。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら