トヨタ自動車が高級車ブランド「レクサス」で海に繰り出す。同ブランド初のクルーザーを2019年下期に米国で、2020年春に日本で発売する。2018年3月8日、横浜市で開催した「ジャパンインターナショナルボートショー2018」でトヨタ副社長の友山茂樹氏が明らかにした(図1)。20年前に始めたマリン事業で高収益化を図ると共に、レクサスのブランド価値を高める狙いがある。

図1 展示会トヨタ自動車ブースに登壇した副社長の友山茂樹氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「豊田章男社長の意味不明なリクエストからプロジェクトは始まった」——。友山副社長は開発経緯をこう振り返る。豊田社長からの要望とは「海のど真ん中に自らを解放できる隠れ家的な空間をつくる」こと。強いトップダウンによる高い目標設定によって、既存事業では実現が難しかったデザインや新技術に挑戦できたという。

 トヨタが発売を予定している高級クルーザーは、ボディー全長が約20mで定員は15人である。発売価格は未定とするが、同サイズのクルーザーでは2億円以上の価格帯が主流のようだ。

 性能の要となるエンジンは外部企業から調達する見通し。スウェーデン・ボルボ(Volvo)の船舶会社であるボルボペンタ(Volvo Penta)が最有力のようだ。他の選択肢としては、ドイツ・マン(Man)や米キャタピラー(Caterpillar)など船舶用の大型エンジンを手掛けるメーカーを挙げている。生産は米国の船舶製造会社が担当。クルマ生産で培った「トヨタ生産方式」を導入することで、無駄の少ない製造プロセスを構築してコストを下げる。

コンセプトではLC500のエンジンを2基搭載

 トヨタは同展示会で、2019年下期に発売するクルーザーの基となる小型コンセプトモデルを披露した(図2)。名称は「LEXUS Sport Yacht Concept」である。

図2 コンセプトモデル「LEXUS Sport Yacht Concept」とレクサス「LC500」
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら