「明日の朝は雪になるでしょう。お気をつけください」──。冬場の天気予報で時々耳にする定番のフレーズである。

 しかし翌朝、窓の外を見てみると雨。雪は降っていない。深夜に雪が降った形跡もない。結局、その日は終日、「全く雪が降らなかった」なんてことはしばしばある。「また雪の予報が外れたのかあ」と思う人が続出する。

 実はそれくらい、雨が降るのか、雪になるのかの見極めは難しい。特に関東地方の平野部など普段あまり雪が降らない太平洋側は、気象予報士も「雨か、雪か」の判断に迷う。

 雨か、雪か、その中間のみぞれになるかを判別するには、1つの定説がある。「雨雪判別表」と呼ばれるもので、気象の勉強をしたことがある人なら必ず見たことがある、一種の「方程式」のようなものだ。この判別表は30年以上前に確立されており、今でもその表を使って「雨、みぞれ、雪」の予報を決めるのが一般的である。民間の気象予報会社であるウェザーニューズもそうだった。

雨か、みぞれか、雪かの予報の基準となる判別表。縦軸が湿度、横軸が気温を示す。薄い点線の直線がこれまで予報に使われてきた境界線。オレンジの実線が今回判明した雪とみぞれの境界線、濃い青色の実線がみぞれと雨の境界線
(出所:ウェザーニューズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし、冒頭のように「明日は雪」と予報を出しても、実際は「雨だった」という予報外れが頻繁に起きる。通勤ラッシュとぶつかる平日の朝晩などに雪の予報が出ると、多くの人が身構える。都心はちょっとした積雪でも交通機関のまひが想定されるからだ。

 雨か、雪か。より精度の高い予報を出し、積雪量もできるだけ正確に予測したい(あるいは報告したい)というのが、予報士にとっては長年の課題だった。それでも先述の方程式は見直されることなく、使い続けられてきたのが実情だった。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら