みずほ銀行は2018年2月15日、勘定系システムの統合に向けた最終移行スケジュールを発表した。2018年6月11日から9回に分けて、約450のみずほ銀行店舗などの口座データとATMを現在の勘定系から新たに構築したシステムにつなぎ替え、2019年上期に全ての移行作業を完了させる。みずほ銀行の誕生から16年、二度の大規模システム障害を教訓に4000億円を超える資金を投じ進めてきた世界最大級のシステム刷新・統合プロジェクトが最後にして最大の正念場を迎える。

 みずほフィナンシャルグループ(FG)の米井公治常務執行役員 IT・システム企画部長が日経コンピュータの取材に応じ、「確実な移行に向け万全を期す」と話した。

 新システムへの移行は「店群移行方式」で臨む。まず新システムを稼働させた上で、みずほ銀行とみずほ信託銀行(TB)の店舗を8グループに分けて各店の口座データやATM、営業店システムなどを既存システムから新システムに順次切り替ていく手法だ。

 第一弾として2018年6月11日、2013年に稼働済みの業務共通基盤を新システムに対応させる。その上で、2018年7月に旧みずほコーポレート銀行(CB)の勘定系システム「C-base」を利用中の新宿法人支店など18の支店・営業部を新システムに移行。その後、旧みずほ銀行(BK)の勘定系システム「STEPS」と接続している店舗の移行作業に入る。移行データの多い店舗は、安全を期して後半に実施する計画だ。BKの全店を移行した後、最後にTBの店舗を新システムにつなぎ替える。

 みずほ銀行は2017年7月に新システムの総合テストなどを完了。2017年末にはユーザー受け入れテストを終え、ユーザーマニュアルの整備なども済ませた。最後の関門がこれから始まる店舗の移行作業だ。店舗移行の候補日は限られる。オンラインシステムを停止するため、休日にしか実施できないからだ。予備日を設けてはいるものの、ひとたびトラブルが発生すれば、スケジュールがさらに遅れる可能性が出てくる。ATMが利用できないトラブルや口座振替の二重引き落としといったシステム障害の再発につながる恐れもある。

みずほ銀行は2018年6月11日から勘定系システムの移行を始める
撮影:加藤康
[画像のクリックで拡大表示]

 3度目の延期や大トラブルにつながる要因を取り除くため、みずほ銀行の移行準備は現在、佳境に入っている。全店舗の全量データを使ったシステム移行作業のリハーサルや営業店業務の確認、経営陣も参画するリハーサルなどに取り組み、本番に備える。2~3月にかけてリハーサルを繰り返す方針で、その数は営業店なども参加する大規模なもので20回、全てを合わせると50回にも及ぶという。

 新システムの移行開始に備え、営業店端末やATM(現金自動預け払い機)、外部接続システムなどについては2018年5月までに新たなプログラムを投入して新システムに対応させる。先行稼働させているCIF(カスタマー・インフォメーション・ファイル)や外貨定期預金といったシステムの接続先も、店舗移行を開始する前に次期勘定系システムに切り替える。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら