米スリーエム(3M)は自動運転の実用化に向け、道路標識や路面標示向けの材料について「自動運転車のセンサーにも、人間にも認識しやすいものを開発している」との考えを明らかにした。同社3M Conncted Roads Program Business LeaderのAndrew D.Dubner氏(Ph.D.)が2018年2月はじめに来日し、衆議院第一議員会館で開かれた「コネクテッド・ロード昼食勉強会」などで説明した。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら