閉じる

ピックアップ

特集

一覧を見る

新着

一覧を見る

ニュース解説

  • 1兆個の機器をつなぐセキュアー部品、Armが続々

     英Arm社は、2018年2月の最終週に欧州で行われる2つのイベント「embedded world 2018」(ドイツ・ニュルンベルクで開催)と「Mobile World Congress 2018」(スペイン・バルセロナで開催)で、1兆個の機器をつなぐための複数のセキュリティー技術や製品を発表する…

  • 加賀電子、ドイツ社製の車載電流センサーを発売

     加賀電子は2018年2月23日、ドイツの部品メーカーであるイザベレンヒュッテ(Isabellenhuette)の車載電流センサー「ISA-Scale IVT-Sシリーズ」の国内販売を開始したと発表した。主にリチウムイオン電池を使った電動車両の電池管理システム(BMS)への利用を想定する。従来のセン…

一覧を見る

オピニオン

  • 記者の眼

    日本の大企業が失敗から学べない理由

     シリコンバレーのスタートアップを取材していて気付くのは、彼らがみな「失敗からの学び」を大事にしていることだ。とにかく多く失敗することで、より多く学ぼうとしている。一方日本の大企業は、失敗から学ぶのを苦手とする傾向がある。なぜだろうか。

  • テクノ大喜利

    Pepperに見えた事業シナリオの壮大さが、aiboには見えない

     再登場したaiboの意義と実利を考えている今回のテクノ大喜利。3番目の回答者は、微細加工研究所の湯之上 隆氏である。同氏は、ソフトバンクが考えるネット社会の世界観の中でのPepperの位置付けを参照して、aiboの意義と実利を論じた。

一覧を見る

基礎講座

  • あなたの会社は大丈夫?!

    有望な開発や事業を見つけ出す「特許マーケティング」とは何か

     有望な開発テーマや新規事業をどのように見つけたらよいのか。今、多くの日本企業がこの問題に頭を抱えている。この悩みに応えるのが、特許情報を有効活用する新たなマーケティング手法「特許マーケティング」だ。考案者であり、「技術者塾」で「特許マーケティングによる新規用途・事業開発 知財情報戦略 応用編」(2…

  • できるリーダーになるための「仕事の道具箱」

    ダメ出しではメンバーは成長しない

     これまでの会社生活を振り返って、皆さんがうれしかったことや励みになったことは何でしょうか。上司やお客様に褒められた。業績が評価されて表彰された。ある分野で一人前として認められた──。こうした体験をしたときに、自分の成長を実感して、やる気が湧いてきたのではないでしょうか。自分が経験して励みになったこ…

一覧を見る

イベントレポート

一覧を見る

インタビュー

一覧を見る

事例

一覧を見る

ホワイトペーパー

一覧を見る

建築・土木製品ガイド

建築・住宅製品ガイド一覧

土木製品ガイド一覧

プレスリリース

一覧を見る

専門誌最新号

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木